2018年10月12日(金) Biometrics appointment

  来年の1月でグリーンカード(永住権)の有効期限が切れてしまいます。特にお知らせなどは来ませんから、自分で気をつけて有効期限前に更新手続きを開始しなければなりません。更新の手続きは6ヶ月前から開始できるとのことだったのですが、7月は日本帰省中で(国外に出ている時は更新手続きの開始ができません)8月末に日本から戻った時にすぐに更新の手続きを始めました。書類の提出などは全てオンラインでできるようになっているので時差ボケでぼけぼけの頭を回転させて入力しました。更新申請料は$540(グリーンカードは10年有効)でした。
e0067416_06513961.jpg





  "書類を受け付けました"という連絡は数日後にe-mailで送られてきましたが、「指紋採取と写真撮影のスケジュールは手紙でお知らせします!」とのことで、父の四十九日法要に合わせて帰国するのでいつ指紋採取に行かなければならないのかがわかるまでチケットを買えず…。四十九日法要が終わってから更新手続きを始めた方が良かったかも。最近は移民局の対応もスムーズで更新手続きにはそんなに長く時間がかからないそうですから。

  結局、日本に滞在する予定期間内に指紋採取の日程が指定された手紙が届いたので、日程変更のリクエストをして返信をし、日本へ発ちました。2週間弱の日本滞在中に再調整してもらった指紋採取の日程のお知らせがオンライン上で見られるようになり、アメリカへ戻って数日後に実際の書類がポストに入っていました。日程変更をすると更新手続きのプロセスにさらに時間がかかるとwebサイトにも書かれていましたがたいして時間もかからずスムーズでした。
e0067416_06514605.jpg
  で、今日はOaklandのUSCIS Application Support Centerへ行ってきました。10年前に行った時とはオフィスの所在地が変わっていて、1人で行っても心配ないような雰囲気のロケーションになっておりました。10年前はジョフと行きましたが、車を駐車するのも躊躇するような、ビルの外側に並んでいる時もちょっと緊張する雰囲気でした。

  11時の予約でしたが、20分ほど早めに着きました。それでもすぐに受付をしてくれ、フォームに記入して確認してもらったらほぼ待ち時間なしで写真撮影、指紋採取をしてもらえ、サインをして、今持っているグリーンカードの裏に1年間有効のシールを貼ってもらえました。終わった時点でまだ10時55分。予約の時間にすらなっておりませんでした。早っ!
e0067416_06513322.jpg
  入ったところにいる保安員のおじさんも受付のお姉さんも、写真指紋採取のおばちゃんもみんなフレンドリーでナイス。仕事も早いっ!10年前も職員さんの対応は悪くなかった印象ですが、ロケーションが変わって駐車場も広いし(無料だし!)、オンラインのシステムでプロセスの進行具合もわかるのでストレスフリーです。この前のDMV(陸運局)とは雲泥の差!連邦政府関係と州政府関係の違いですかね???

  あとは、新しいグリーンカードが送られてくるのを待つだけデス。それまでも1年間の有効期限シールを貼ってもらっているので、問題なく海外渡航もできるそうです。

by sivasiva21 | 2018-10-14 13:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sivasiva21.exblog.jp/tb/27594341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。