2018年10月4日(木) Driving Lesson 1

  夏休み中にオンラインの30時間講習を終了させ、8月末に筆記試験にパスして仮免をもらった息子。9月は
父の四十九日法要で私が再び日本へ行ったりして落ち着かないので、路上運転練習は今月まで持ち越し。

  アメリカでは日本のように自動車学校のコース内で運転練習をするのではなく、いきなり一般道を走っての練習になります。また18歳未満には6時間の運転指導員による講習の受講も義務付けられています。この6時間の講習以外に親など25歳以上の大人の付き添いでの運転練習が50時間以上、そのうち10時間は夜間走行の練習をしなければなりません。

  今日はその6時間のうちの最初の2時間の講習を受ける日。本免を受けに行くまでに途中経過を見てもらうのに1回(2時間)そして本免の試験の前対策として残りの2時間の3回に分けて講習を受ける予定にしています。講習代金は終了証明書込みで$255でした。放課後学校まで迎えに来てくれたり、自宅まで来てくれるサービス付き。
e0067416_06544038.jpg






  時間より早めに来てくれたのはインド人の女性指導員。英語に訛りはありますが、感じの良い方でした。講習車はトヨタプリウス。
e0067416_06543557.jpg

  家の前で停車したまま車内の説明をされた後、最初の30分くらいはコミュニティー内で練習していたようデス。(交通量も少ないのでちょうど良い?!)携帯の見守りアプリで息子の位置をちょくちょく確認しておりました。(苦笑)

  その後、一般道を走り、交通量の少ないところでUターンなどの練習をして、息子の学校周辺なども走ったようでした。2時間近く緊張しながら運転していたようで"ちょっと胸〜腕が軽く痛い感じ"と息子。でも結構楽しかったんだそうデス。
e0067416_06542919.jpg
  ちなみに、免許は取らせますが、車を買い与えたり、車通学をさせるつもりは一切なく、高校生の間はこれまで通り自転車通学をしてもらう予定。本免も急がず、たっぷり練習してからで良いだろうと思っております。この夏は年齢的にもちょうど15歳半になり、筆記試験の勉強をする時間の余裕があったので受けてもらっただけなんです。
  私自身、高3の春休みに教習場に通い始め、4月には親元を離れて寮に入ってしまい、長期の休みごとにしか講習や試験を受けられず、本免を取るまでに随分と時間がかかってしまったので…息子には15歳半になったらともかく筆記試験には挑戦してもらおうと思っていたのでした。

  さて、これからは親が助手席に座って、息子の運転練習に付き合わねばなりません…。(怖)

by sivasiva21 | 2018-10-06 06:56 | 子育て | Comments(0)