2018年6月4日(月) フィットネスジムデビュー

  先月末で体操をやめた息子。「体操やめたら近所を走ろうかな?」とか「お母さんの行ってるジムにぼくも行ける?」とか聞いてきたりしておりました。ずっと続けてきた運動をいきなりバッサリやめてしまうのは本人的にも少々不安だった模様。

  ちょうど私がメンバーのフィットネスジムでFamily Add onキャンペーンをやっていたので月払いで入会することにしました。私も息子を連れて行くために頑張るでしょうし、良い相乗効果が生まれるかも?!何より、これまで息子の体操の送迎の都合で諦めていた夕方のグループエクササイズのクラスに行けるチャンスが増えるのが嬉しい。

  今日は、普段は息子を体操ジムに降ろしたら行っていた6時からのBody Combatのクラスに行くのに息子も一緒にPジムへ。彼はグループエクササイズには興味がないので、トレッドミルやマシーンを使っての運動をするつもりで。
e0067416_00302807.jpg
  Pジムはちょっと古くて、タオルサービスもサウナやプール、フリーWi-Fiもないタイプのジム。でも息子が小さい頃は良く来ていたジムでもあります。Kids Clubといって親がエクササイズする間子供を預かってくれるサービス(有料)があるのです。他のロケーションのジムのKids Clubは嫌がったのに、ここは凄く気に入って機嫌よく行ってくれたので、まだプリスクールも始まらない四六時中親子一緒の時代のちょっとした息抜きでもありました。そんな昔からジムに行っているのに私の体重は1gも減らず、むしろ増えてる?!!(怖)というのはさておき、そんなジムに今度はメンバーとして来るなんて時の流れを感じます。室内ジャングルジムのことは、息子の記憶にかすかに残っているそうデス。




  息子はEllipticalに挑戦。
e0067416_00330881.jpg
  身長は私より高くなっているのでどのマシーンも問題なく使えます。私がBody Combatのクラスを取っている間にトレッドミルに移ったり、他の筋トレマシーンに挑戦したりしていたようです。携帯電話とワイヤレスイヤホンは言わなくとも忘れず持参で音楽を聞きながらやっていた模様。終わった後の感想はいつも通り「まぁ良かったよ。」とあっさりしたもの。でも汗かいてましたからサボっていたわけではなさそう。

  継続してジムに行くのはなかなかに難しいし、モチベーションを維持して運動をするのもコーチなどがいて指示してくれる体操とは違ってさらに難しいでしょう。宿題や勉強を言い訳に行かないと言うのはすごく簡単なこと。ジムの月謝は体操のそれと比べれば断然安いですが、それでも利用しなければ高くつきます。月払いなのであまりにも利用しないのであれば速攻やめさせることも可能。できれば無理強いしなくとも、誘ったら身軽について来てくれると良いのですけれどねぇ。私は小さい時から運動音痴で運動習慣も全然なかったのでその反省も踏まえて息子が適度な運動を継続してくれるといいなぁと思うのデス。アメリカは車社会で気をぬくとすぐに運動不足になりますから。

by sivasiva21 | 2018-06-10 01:38 | 子育て | Comments(0)