2017年10月24日(火) André Rieu USA Tour 2017

  平日の夜ですが、コンサートにお出掛け。息子はうちで1人で留守番デス。
e0067416_05220317.jpg
  Andre Rieu and his Johann Strauss Orchestraのアメリカツアー、ただいま西海岸を巡業中。サンフランシスコベイエリアはサンノゼのSAPセンターでの1回のみ。
e0067416_04314537.jpg




  観客はお年寄り率がかなり高いですが、中にはお子様連れ、家族連れ、若いカップルもおられましたよ。どの年代でも楽しめるとは思うのですが、SAPセンターは階段が多くて足腰の弱いお年寄りはちょっと大変そうでした。(もちろん車椅子対応もされておりますが…。)

  アンドレおじさんはオランダのバイオリニストで指揮者でヨハンシュトラウスオーケストラを率いておられます。
e0067416_04334347.jpg
  ドレスアップ派から、ジーンズのカジュアル派まで様々。そして、カメラやビデオ撮影も大歓迎!ぜひSNSにもアップして下さ〜い!という太っ腹なコンサート。しっかし、消音機能の存在をご存知ないのか?スマホにカメラにビデオにとたくさん持ってこられていたお隣のカップル、パシャパシャとシャッター音が煩い。(怒)せっかく目の前に本物のオーケストラがいるのにファインダー越しに見てるなんて勿体無い。そんなにビデオ撮って後で見返すのかなぁ?せめてシャッター音消して下さいよ。
e0067416_04401510.jpg
  演奏も素晴らしいのですが、Andreおじさんのお喋りやメンバーのコメディアン&コメディエンヌぶりが楽しい。女性陣のカラフルなドレスも見所。咳一つできないクラッシックのコンサートと違ってとてもリラックスして音楽を楽しめるのが彼のコンサートです。息子も連れてきてあげれば良かったなぁ〜と思いました。実際は平日で宿題もあったし、チケットもお安くはなかったので無理でしたけれど。

  ヨハンシュトラウスオーケストラというだけに、ワルツもたくさん演奏されます。通路に出てワルツを踊ってもOK!で、腕?足?に覚えのある方々が踊っておられましたよ〜!私は真ん中の席だったので通路には出られず…って踊る気だったのか?!(笑)次は通路すぐ脇の席を取るようにしなきゃ?!

  コンサートの中ではご当地ソング的な曲を演奏されるのですが、ここサンノゼでは"蝶々夫人"がそれだったのか?ブラジル人の濃〜い顔の女性が日本髪のかつらをかぶって、着物っぽい衣装でちょっと微妙でしたけれど…(汗)お歌は素晴らしかったデス。
e0067416_04492086.jpg
  アンコールもお約束の?!何度もあるので本当に終わるまで帰っちゃいけません。楽しいことをいっぱい見逃してしまいます。早々に席を立たれた方はご存知なかったのかなぁ?勿体無い。

  いつかオランダのMaastricht(アンドレおじさんの出身地)のコンサートに行けたらいいねぇ〜とジョフと話しているのですが、時間やお金ができる頃までアンドレおじさんには元気で頑張っててもらわないと!(現在58歳のアラ還)
e0067416_05302931.jpg
e0067416_05310956.jpg
  それまではYoutubeのAndre Rieu TVで楽しむことにします。




by sivasiva21 | 2017-10-26 05:22 | お出掛け | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sivasiva21.exblog.jp/tb/26133942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。