伊吹山の帰り道に寄り道したのは「関ケ原鍾乳洞」。これが、びっくりするくらいしょぼい小規模。出入り口付近は人工的に掘削して開けたようです。
e0067416_07111754.jpg


More
  今日は伊吹山へ。伊吹山ドライブウェイは自動車専用道路ですが、年に1度だけ春先に自転車で登ることができる「伊吹山ヒルクライムレース」が開催されます。日本百名山の一つ、滋賀県で一番高い山"伊吹山"にいつか自転車で登ってみたいジョフ。息子が大学生になれば、レースの開催される春先に休みを取って参加することも可能になるかも。今日は自転車では上がれないので私の運転で。
e0067416_09372775.jpg
  途中雨も降ってくるし、ドライブウェイの入り口では「山頂は濃霧です。」と言われるあいにくのお天気でしたが、景色より"道"を見にきてる感じのジョフですから、多少の雨は気になりません?!



More
  息子のアメリカのパスポートが今年の10月で期限切れになるので夏休み中にと本日更新に行って来ました。16歳以下は5年ものしか作れないので今度で4冊めのパスポートになります。
e0067416_08490989.jpg
  アメリカのパスポートは16歳以下の子供は両親揃って本人と一緒にパスポートオフィスのある郵便局へ行きます。市内の近くの郵便局はいつも長い列が出来ていて、最近更新手続きをしに行った友達情報では朝早くから並び(午前4時とか!)それでも9時のオープン前に人数制限で目の前で締め切られたりすることもあると聞いて、私たちは予約が出来るところを探し、隣町でしたが無事予約が取れたのでジョフもその時間に合わせて仕事を抜けて来てくれました。

  写真は街の写真屋さんでアメリカパスポート用写真を撮って準備していましたが、ここのオフィスではその場で写真を撮ってもらうことも可能でした。

写真
パスポート更新申請書
今のパスポート
出生証明書(コピー)
申請料(小切手もしくはデビットカード可)$80
付き添う両親のID(運転免許証など)
手数料(クレジットカード可)$25

が必要です。

  5分ほど前に郵便局へ入り、パスポートオフィスのドアの前で待ちました。予約制なので列もなく、時間ぴったりにカウンターへ呼ばれて即手続きが開始されました。対応も親切で、息子には「次の更新は自分1人で来れるわね〜!」(18歳以上はパスポート更新に両親の付き添いは要らなくなるので)と声をかけてくれました。次回も申請料等は親が払わねばならなでしょうが。

  きっちり必要なものを揃えて行ったこともありますが、全てが10分ほどで終了。あっけなくてびっくり。日本並みにスムーズでした。なぜ我が市の郵便局はあんなに並んでいるのか…疑問。

  後は新しいパスポートが郵便で送られてくるのを待つだけ。(郵便書き留めとかでなく普通にポストに入って来ます。)「3〜4週間で届くと思うわ〜。」と言われました。今のパスポートも一緒に提出するので、新しいのが届くまでは国外へは出られません。→新しいパスポートはやはり郵便で、でも申請後11日ほどで届きました!(驚)

  親として息子にしてあげるお仕事が一つ終了。ちょっと感慨深いデス。

  ジョフ、3度目のびわイチ(琵琶湖一周)。今年は私の弟(おいちゃん)と2人で回ることになりました。おいちゃんもロードバイクを始めて、忙しい中トレーニングもしているそう。びわイチは今回初めて!おいちゃんの息子のまるお君もロードバイクを買ってもらってお父さんと練習中なんですよ。先日も家からうちの実家まで2人で自転車で走ってきた小学3年生、頼もしいデス。
e0067416_07541063.jpg


More
  金沢城の脇を走り、前田利家の像の前で記念撮影。ジョフも昔NHKの大河ドラマ「利家とまつ」を見ていたので多少の知識あり。
e0067416_04381059.jpg
  金沢は北陸地方ということで涼しいイメージでしたが結構暑い…自転車で日陰を走る時は涼しいのですけれどね。



More
  両親は結婚50年になりますが、私達はようやく17年。記念日にかこつけて家族3人で金沢へ行くことにしました。実家からは電車で2時間ほどの距離。急に決めたので電車の中で計画を練りました。
e0067416_03491030.jpg
  金沢駅前の鼓門。金沢に受け継がれてきた能楽とそれに使う鼓を表したものだそうです。




More
  今回の日本帰省の一つの目的が"両親の金婚式のお祝いをする"でした。5月に多賀大社で金婚延寿祭があり、同じように結婚50周年を迎える方々とご祈祷等を受けて来たそう。
e0067416_07351042.jpg
  私の知る限りでも決して平坦な50年ではなかった2人ですが(長女の反抗期が一番大変だった?!笑)揃って金婚延寿祭に参列出来たのは何より嬉しいことだったと思います。
e0067416_15322186.jpg
  料亭を借りて盛大にお祝いを!と計画していたのですが、父の意向で実家で家族で集まってご飯を食べることになりまして…



More
  日本に帰ると、早朝まだ暗いうちに目が覚めてしまうという時差ボケ現象が起きます。
e0067416_15132574.jpg
  外が明るくなり始めたのでジョフと散歩に出かけました。稲が青々と育っておりまして、朝の風に揺れておりました。猛暑だと聞いて帰ってきましたが、朝はまだ涼しい。



More
  今年の夏も家族3人で日本へ帰省しました。サンフランシスコ空港から関西空港直行便、機体はあの引き摺り下ろし事件のあったユナイテッド航空です。決して安くはない飛行機代を払っているのにサービスも機内食も何も期待できないのがUA。(我が家はエコノミークラスですからさらに全く期待なし。)今回機体がボーイング787だったのと、結構空席があって途中一番後ろの3席空いてるところに移動して体を横にできたのは良かったデス。しかしCAさん曰く、日本発の便は常に満席とのこと。復路は期待出来ないですね。
e0067416_14401571.jpg
  好き嫌いの多いジョフは機内食全滅…マッシュルーム入ってたり、チーズ使ってあったりで。私が搭乗前に買っておいたマフィン食べてます。↑



More
  アメリカ独立記念日は帰省していない限り、Foster Cityの花火を見に行きます。ラグーン前の道路が歩行者天国になるので椅子や敷物を持って行きます。日中は暑いのだけれど、日がくれた途端とても寒くなるので上着や毛布は必須。
e0067416_07124016.jpg
  BBQしたり、ボール遊びをしたり花火待ちの時間をそれぞれ思い思いに過ごしていますが、突如座っていた横で始まったZumbaレッスン!(驚)ノリノリの皆さん…(汗)


More