2017年8月17日(木) Oath Ceremony - ジョフ、アメリカ人になる

  ジョフがアメリカの市民権をとりました。今日はそのNaturalization(帰化)のセレモニーがOaklandのParamount Theaterで行われました。
e0067416_04332776.jpg




  カナダは二重国籍を認めているので、グリーンカード(永住権)をとって5年経ったら市民権もとる!と言っていたジョフですが、なんだかんだとダラダラしているうちに8年…その間に大統領もオバマさんから変わってしまいました。「更新の10年を迎える前には市民権取ってくださいよ!(2人分の永住権更新料を払うのは勿体無い!)」とお尻を叩きまして、やっと重い腰をあげて手続きを進めました。
e0067416_04374330.jpg
  この市民権を獲得した人のセレモニーは毎月のように開催されているそうです。今日この会場だけでも1107人の方がアメリカ市民となられ、出身国は90カ国にも上ります。(驚)

  このセレモニーの前日には、20年近くアメリカに住みRN(正看護師)の資格まで取って病院で働いていたメキシコ人の女性とその夫が国外追放になったのがニュースで大きく取り上げておりました。元が不法移民だったから…ということですが、不法にアメリカに入ってきても看護師の資格が取れるのに永住権が取れないなんて矛盾してる…アメリカ市民になったことを大歓迎されている1107人の人たちを2階から眺めながら色々考えてしまいました。

  今日市民になった人たちは早速アメリカのパスポートが申請できるのですが、送られてきた書類を全部きっちり目を通していなかったジョフはそんな準備も全くしていなかったので、後で申請をすることに…今日申請しておけば郵便局のパスポートセンターの予約をしたり、並んだりって手間も省けるし、最短でパスポートを受け取れるというのになぜ?(溜息…理解不能)本日グリーンカードを返却したので、アメリカのパスポートを取らないと海外渡航ができません。カナダのパスポートがあるからといって海外への行き来ができるかといったらそれはできないのを私に指摘されるまで気づいておらず…(涙)アメリカを出国できるでしょうが、戻って来る時に市民である証明ができないですよね?送られてきた書類、私もちゃんと見ておけば良かった…。
e0067416_04084426.jpg
  市民権を得たので、選挙権も取得できます。選挙人登録をしなければならないのですけれど、これも「またあとでできるし〜!」と本日はせず。きっとギリギリになって慌ててやるんでしょう。社会保障も市民になったことを知らせなければなりませんが、きっと何度も言わないとやらないでしょうねぇ。パスポートの申請に行く時に郵便局でしてきてもらいましょう。私、家族席で保護者のようにそれらの説明を真剣に聞いておりましたわ。私の方が英語できないのに、いつもこういう役回りデス。

  市民権の面接の口頭質問の勉強にも付き合いましたし、国歌やPledge of Allegianceも言えないといけないんじゃないの?とちょっと練習させました。(笑)…当日は歌詞が書いたものが新市民には配られたのでよかったのですけれどね。
e0067416_03543733.jpg
  市民になった人達とその家族でごった返すロビー。皆さん、嬉しそうデス。ジョフのように母国に特に心配がなく、アメリカ市民権もあったら便利かな〜という軽いレベルとは比べ物にならないくらい苦労して苦労して永住権をとり、ついに市民権を得た人もたくさんおられるようです。式典の中で90カ国の国名を読み上げる前に、「この中には今ではもう存在しない国名もある」と一言添えられていました。そういう方々には感慨もひとしおでしょうねぇ。
e0067416_03544443.jpg
  ジョフももうすぐアメリカ在住期間がカナダ居住期間を越します。なので、気持ちの上でもアメリカ人!なんだそうです。こんなご時世なので、息子のためにもなんだか安心な気がします。

  ジョフはこのまま市民権の証明書やアメリカ国旗を持って嬉しそうに職場へ行きましたわ〜!




by sivasiva21 | 2017-08-29 04:26 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sivasiva21.exblog.jp/tb/25989984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。